美ら島の蒼を奏でる上原成美プロフィール

○1952年 生まれ 石垣島出身
○1974年 武蔵野美大卒
○1982年より美術教師をしながら創作を続け、
2012年退職を機に創作に専念
○1992・93「独立展」出品
○2000 フランス・パリ「モンマルトルの画家達との交流展」
○主に地元・沖縄での個展・グループ展等の発表が中心。

 

変弦自在の蒼を追い求めて

豊かな亜熱帯の中で、日々強烈な太陽光線の具合で幾重にも変化する色にかこまれて育ち、 創作を続けています。

色は縦横無人に飛び交い、息を呑む美しさで迫ってきたり、日々翻弄 され続ています。

この、興味の尽きないモチーフが作品の原点で、曲線で表現することで、 変わりゆく大切なものを残していきたい。